やまがホーム株式会社

2017 11月

月別: 2017年11月のブログ

リフォームの結果

2017.11.30 06:51:33

 

お部屋が寒いと言う依頼を受けまして2重サッシの工事を行いました。メーカーやサッシ屋Kさんからは本当に効果出ますよと言われていました。正直私は半信半疑でした。このサッシ一つで寒さ・防音が減少するとは思っていなかったです。

私は自分で経験しないと中々納得しないタイプなのです。エコカラットの時もそうです。ショールームやカタログには湿気・臭いを取るのに優れていると良く言いますが、心の中ではホントかな~とずっと思っていました。でも真実はこうでした。

めっちゃクチャ凄いやん、ゴイゴイス~です。湿気・臭いをグンバツ(抜群)に取るのです。正直これには驚きました。なので、エコカラットはしっかりと営業出来ます。これは凄いと。

次に出たのが上の2重サッツです。いや~これも眉唾でしょ。と本当に思っていました。結果は、こうです。下にスクロールください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グンバツ(抜群)に効果出ていました。えっ~~こんなに違うのか~と心から思いました。また一つ心からお勧めできる商品を見つけました。基本自分が納得していない物は、あまりお勧めしません。

知らない場合は調べて、この様に書かれていましたとか、世間的にはこういう風なイメージですとか、と言う感じで話思案すので、ご安心ください。

エコカラット・2重サッシは効果あり。(笑)

明日から12月です。早いものです。去年の年末は災難が続いたので、気を付けます。

おかまほられて(車)・インフルエンザにかかり・とどめが突発性蓄膿症になり、つまらない、年末年始をすごしたので、今年は十分に気を付けて行こうと思います。皆様方も十分に気を付けて今年を乗り越えて行きましょう。

では愛言葉です。

本日もご安全に

ペンネーム1515より

 

凄い事ですね

2017.11.27 07:35:28

昨日は朝5時からの試合を観ました(日本対フランス)勿論気持ちは勝ってほしいと思いながらの試合観戦でした。興奮のあまり、朝の3時頃からソワソワ起きては寝て、起きては寝ての繰り返しでした。

試合が始まった。その日は大阪マラソンもあったので、早朝大阪城ランニングをどうするか迷った結果、日本を応援しようとなりました。まさかの同点でした。(内容はどうあれ)あのフランスに同点、下手すれば勝利するところまで行ってました。

これは凄い事です。あのオーストラリア戦から日本は変わった。自信も出来た。勿論、普段の練習の結果なのだが、こんな日本見た事がない。何がきっかけで変わったのか、また選手達の気持ちも確かに昔とは違うのを試合を見ていても感じました。

そんな中、リーチ選手はこのままではまだ世界には勝てないと言うて、もっと厳しい練習に取り組まないと2019年の日本で行われるWカップでは勝てないと言うているそうです。

あの地獄の練習に取り組むとの事です。

勝ちに等しい内容でもその意識の高さが素晴らしい。止まるのでなく・満足するでもなく・成長を求めるあの姿勢が素晴らしい。見事なキャプテンシーだと思います。

 

あのパワーをみていると、こちらも戦うステージは違うけど力をもらう。しんどい事をしないと、やはり前には進まないし、自分が先頭で引っ張って行かないと周りも着いて来ない。そしていかに周りの気持ちを同じベクトルの方向に向けさせるかも大事な仕事の一つになる。

それを信じて進んできた結果が昨日のあの試合結果だ。凄い。(信は力なり)名言ですね。

熱くなりました、だからその後、走りに行き体をクールダウンさせてきました(笑)

今年もあと1か月少しですが、まだまだフル活動します。

皆様方はどこで、どの様な時にスイッチ入りますか?

そろそろ、仕事の話かかないと、注意されそうですね。ここ最近はラグビー話ばかりなので(笑)

ではいつもの愛言葉で今週もスタートしましょう

本日もご安全に。

ペンネーム1515より

因縁・執念・結果

2017.11.20 13:29:40

昨日はいつもの早朝大阪城ランニングをやめて、奈良県橿原神宮でランニングを行った。えっ?何故?となるところですよね。仕方ないんです。昨日は奈良高校ラグビーの決勝戦があったのです。これを見に行くのに早めに家を出て、試合を観る前にランニングを行うと、ドングリ先生が言い出しました。(あんた本気かと私は言いましたが・・・)

橿原神宮にはドングリが一杯落ちていました。しかも意外と登山口と書いてあり、登りがあるんです(後程写真がでます)ドングリ先生は試合観戦も含めて、ドングリを拾いたかったんだと私は心に思い、口には出しませんでした。

(笑)話はここまでで。

奈良の決勝戦はもう20年以上このカード見たいです。奈良天理VS奈良御所実業の2チームです。天理が城のユニフォームに対し、御所は黒のユニフォームなんです。観客席も見事に白と黒に分かれるんです。ここには因縁の対決がある。絶対に練習試合もしない。いつも毎年この夢の聖地花園をかけて戦うのだ。今年はやや天理が有利と前評判。8割が天理が勝つと思っての試合開始の笛が鳴る。

私たちはこの観戦の為に朝の10時半からそこにいました。開始時間は2時です。ランニングをしたからとは言え、何時から・・・・怖いから口には出さないで起きましょう。話を戻します。

練習から両チーム気合が入る。出て来た。笛がなる、天理優勢。前半終了。19対0で天理が優勢で後半スタート。天理1年生が相手の大型選手にタックル(ドングリ先生の教え子)に行く。倒れて動かない。試合が止まる。タンカで運ばれて選手交代。流れが変わった。

これがチームの写真です。白が天理  黒が御所です。

そして

これがドングリ先生の故郷、橿原神宮のドングリ山(勝手に言うてます)こんな山になっているとは思いませんでした。

派内を戻します。

流れが変わると御所が怒涛の攻めに入る。天理が防御一辺倒になる。あれよあれよで3トライを御所がTRYをする。1TRY5点でその後のキックが2点がラグビーの点数だ。

天理は前半最後のTRY後のキック

が外れた為、21店の所が19点で前半を折り返している。御所は後半、3TRY五のキック3本とも決めている為、21点。

様は19対21.そこでノーサイドの笛が鳴り響いた。崩れ落ちる選手。飛び上がって喜ぶ選手。まさに白と黒 裏と表 だ。前評判は誰に聞いても天理だった。しかし選手たちにはそんな言葉は聞いていない。迷っていない。自分たちが勝つとだけ信じて試合に挑んだだと思う。こ2点の差は何なんでしょう。見ていて本当に涙が出そうでした。こんなに苦しく、しんどく、頑張ってきたラグビー生活。笛と同時に終わるもの、聖地に行けるものの差。点数なんかよりはるかに大きい気持ちの差が生まれる。でも結果は変わらない。

私に席の斜め前には、タンカで運ばれた親御さんが観戦に来ていた、(ドングリ先生と話をしていたので、解った)タンカでグランドから出る時もしっかり見ていた。試合が終わりドングリ先生が話掛けた時、顔をこちらに向けられた時のお二人の顔が私は何とも言えない感情でした。

お二人とも涙を浮かべて、1・2回先生に首を縦に振っただけでした。この涙には色んな思いがある。悔しさ・息子の安否・良くやったとの思い。本当に凄く印象に残る瞬間でした。私の子供が試合時に倒れて、タンカで運ばれる。そんな中で冷静にチーム応援が出来ただろうか?とか色々考えさせられました。

この因縁の戦いはまだまだ続くことでしょう。最後は御所の執念勝ちだったと思います。

結果は変えられないが、間違いなく、選手達・見ている我々に感動を与えた試合でした。ナイスゲーム。

帰りの車の中は少し会話が少なかった、二人です。

さあ~後数校で聖地花園に集う高校が決まる。正月を花園迎えられる高校は限られている。さあ~この大会も熱い大会にして俺のこの渇いた目に涙を流させてくれ。

応援しています。

ペンネーム1515より

顔出してきました(凄くいい~)

2017.11.17 06:17:01

タイル・エコカラットを巧く使うと本当にデザイン力がUPする。色合い・デザイン感が凄く良いですよね。ここに来るまで本当に色んな所に足を運び・本を読んだりと時間がかかったと思います。本来、家とはやはりそうなんですね。良く考えて自分の空間・家族の空間になる訳ですから、やはり真剣になるのだ。真剣だから色々なアイデアがでるのだ(ん?何処かで聞いたフレーズ(笑))

次の写真もまたいい感じですよ。

吹き抜け感半端ない~ 鉄骨階段及び手摺感上手く出ていますね。打ち合わせ通りの仕上がりになって本当に良かったです。ここにネットを張れば仕上がりとなりますが、ネットが間に合いませんでした。(申し訳ありません)

現場は写真で見るよりかなり上です。色合い・デザイン等GOODデザイン賞です。(私が勝手に言うてます)

枚方通信にも載るそうですので、皆様方お見逃しなく。

いや~家って本当にいいですね。それではまた現場でお会いしましょう。

サヨナラ・SAYONARA/さよなら

ペンネーム1515より

 

一つの戦いが終わった

2017.11.14 06:45:52

甥っ子の高校2年の戦いが終わった。花園出場有力と言われていた学校。6年連続出場している。しかし戦いの女神は決して甘くは無い。皆が夢の舞台、花園に向けて練習に取り組んで来たのだ。ピッチに立つために仲間との戦いもある、周りからの応援に応えようと言う意識もある、そこで掴んだ出場のチャンス。このピッチ立てなかった者もいる。それぞれの思いがそこにはある。3年間この夢舞台に行く為に頑張ってきた。そこに行くには先ずは仲間との戦いに勝ち、そしてそいつらの思いを持ってグランドで待つ対戦相手に勝たないと、花園には行けない。

ラグビーはスポーツの中で一番、まぐれ・偶然が起きないスポーツと言われている。本当に実力がそのままに出るスポーツだ。だから均衡した時、どちらに女神がほほ笑むのかは誰にもわからない。だから本当に面白い。この試合は4点差で負けたと聞きました。1トライが5点なので、一発逆転の可能性もあった、しかし相手チームの気迫・気持ちが少し上だったのでしょう。無情にもノーサイドを迎えた。

泣く者・笑う者・崩れ落ちる者、色んな感情がそのグランドで起きる。素晴らしい瞬間だ。そして勝利した者は、日が経つに連れて嬉しさと・次への挑戦へのプレッシャーと戦っていくのだ。

負けた者は、逆で日が経つに連れて、悔しさと後悔が込み上がてくるのだ。何故もっと頑張らなかったのか、何故あの時あんなプレーをしたんだ、俺があのグランドにいたら勝てたとか、色々な思いが込み上げて来るんですね。

勝つ者・負ける者、どちらにしても素晴らしい経験なのだ。この思い、取り組んで来た時間は決して無駄では無い。でも時間は帰ってこない、だから皆次こそはと思い頑張るんですね。努力に限界は無い、どれだけ努力しても負けてしまうともっと出来たと思ってしまう。勝利した者は努力の結果と言える。この差は絶対に埋まらない。でもこの差は本当に少しなのだ。この差を埋めるために毎日、楕円球を追いかけるのだろう。(勝手な持論です、私の)

さあ~あと一年ある。いや、一年しかないが本当かな。悔いのない高校生活・悔いのないラグビー生活を送って欲しい。その涙を忘れる事無く。人生、負けてから這い上がる方がいい。悔しさを知る方が良い。相手の気持ちも解るし、色んな気持ちが解るから。

ナイスゲームでした。また頑張ってください。応援しています。

写真、真中で頭抱えて泣いているのが甥っ子です。デカいです。

ちょっといつもの違う文面になりました。

本日は雨です。運転等には気を付けて行きましょう

では本日の愛言葉です。

今日もご安全に。

ペンネーム1515より