ちょっと重たい話

2015.02.09 23:37:17

孤独と言うことを余り考えた事が無い。いつも周りには家族や友達がいるからだ。経営者は孤独と良く言われるが相談も出来るし孤独と言えば孤独だしそうで無いと言えばそうで無いのかもしれません。

先日病院に行く機会があったので(お見舞いです)そこで休憩室で一人で車椅子に乗って患者さんがご飯を食べていました。日曜日なのにと思いながら(勿論訳は色々あると思います、これは私の考えなので勝手に書きます)病院で一人でご飯を食べる美味しく食べれているのかな?そう思うと私はお昼の時間には間に合わないが夜のご飯には出来れば間に合うように病院に足を運んで行きたいと思いました。

少しでも美味しくご飯を食べてもらって、孤独を感じさせない様に(夜は本当に寂しいと思うので)一杯話して疲れて寝るまで一緒にいてあげたいと思っています。私はこの人が凄く好きででも照れて今まで上手く接せれなかったので、今は心から元気になる事祈りながら、会いに行っています。僕の元気を少しでも分けてあげたいから。

スポーツで良く奇跡と言う言葉を使う時があるが、あれは(僕の持論ですが)選手がチームが努力してきた結果なので、実力。いままでの努力の結果だと思う。ならば病に打ち勝つのも努力なのでしょうか・それとも奇跡なのでしょうか?

本人ではないので、僕は奇跡を信じて祈ります。元気になってください。また元気になって軽トラ乗って仕事手伝ってくださいよ、そしてまた温泉でも行きましょう。

読んでくれるかな?

ペンネーム1515より