偶然・運命?

2016.09.15 07:05:45

昨日、外壁屋番頭Mさんとランチをして一緒の車に乗り現場に向かう途中の出来事です。私が、あっ、バイクが倒れていると一言。でも人は見えない、いや、バイクを起こす一人の男の人が見えた(結構距離がありました)

横を通過しかけると、女性が倒れていました、すぐさま車を停車。Mさんは直ぐに一人の男性に救急車を呼ぶように指示。私はその間、もう一人の男性とその女性を車道から安全な所に移動の段取り、そして、先ずは横になる様に促す(楽な姿勢へと)そこで私は聞く。お近くですか?お身内の方の連絡先わかりますか?と。すると携帯電話を出して連絡。その間はMさんは頭に敷くタオル・冷えてはいけないので、上着を段取り。(素晴らしい動きを見せていました)タオル一枚ではしんどいので、私は段ボールが有ったので、男性に持ってくるようにお願いをしました。

するとそのまま、はい。と渡してきたのです。いやいやいや、解るでしょう。枕にするだから。すぐさま、Mさんが段ボールを枕に。口からも血が出ていたので、Mさんは拭いてくれていました。そうしていると、救急車が来たので、我々はその場を後にしました。

我ながら早い適切な行動だったっと、思いました。女性の方は救急車は大丈夫と言うのですが、本来、倒れた方はそのような事を言われるんですね、一瞬。自分は大丈夫だから、呼ばなくてもいいと。でも頭や打ち所の問題もあるので、本人の意思も大事ですが、迷惑かもしれませんが、適切な対処だったと思います。

でも、失礼な話になるかもしれませんが、(車の中でその後話した会話です)あの時にもし意識が無く、心肺停止だっつたら、すぐさま、あのような動きが出来たのだろうかと?

人工呼吸・心臓マッサージ等の動きに直ぐに移行出来たのかはやはり?です。ハッキリ言うて自信がないですね。でもその判断の時間が生命を分けるのも事実ですよね。皆様方は考えた事ありますか。

心臓マッサージは本当に凄い力が必要で(骨が折れるくらいの力でやるんです)私も一度だけ講習で実践しましたが、ビックリする力でした。これを本当に人にするのは勇気が無ければ出来ないと思います。でも迷う時間も少ないのも事実です。

難しい問題だと二人で話あいながら、現場に向かいました。あの時あの道を通らねければ、あの時ランチの時間が少しずれていたら、と色んな形の偶然が導いてくれて時間でした。

皆様方も一度考えてみてはどうでしょうか、難しい問題です。

ペンネーム1515より