命の重み

2021.07.04 07:36:45

友達の奥さんが亡くなった。勿論まだ若い。

お通夜と告別式に行かせて頂きました。あくまでも私の

持論ですがお通夜だけでは行けないと告別式にも参列して初めて

その人との最後のお別れになるんだと思っています。(勿論、どうしても

参列できない方もいてるので、あくまでも私持論です)

そのわずかな時間でその人との思いで、家族えの思いが見えて来るんですよね。

勿論、ご親族の方の涙もその場にはあり、本当に最後の別れとなる事や、今までの思い出

悔しさ、苦しさがそこにはあるんです。

だから私は思うんですよね。

命の重みの大切さ。

自分が優しさを感じれる瞬間。

人との別れは本当に辛いし悲しいものです。

良く聞きませんか?人が沢山集まるときは結婚式では無くお葬式だと。

沢山の人がその人とのお別れに来る。しかしその時その人はいないのです。

難しいですよね。人生って。

ご親族の方は、あ~この人こんなにも愛されて来たんだと思う事でしょう、でも

本人はこの世にはいない。人生ってやつは・・・。

私もこの様に感じたのは8年前位になります。父が亡くなった時にその思いを

強く感じ皆様に感謝しました。

本当に二度と会えなくなる別れの時間。心が潰れそうになる時間。でも必ず

やってくる別れの時間。

だから無力ながら自分の出来る事をしようといつも思うのです。

命の大切さを改めて感じました。

ありがとうございました。

お体ご自愛ください。

ペンネーム1515・結より